家紋・・・それは祖先から伝わる悠久の命


紋章(家紋)

家紋は単にTシャツやトレーナーのワンポイントマークではありません.。家紋は代々続くそれぞれの家の象徴であり、単なる家のシンボルマークを超越した家々の歴史とも言える大切なものといえます。そのことをまずみなさまに知っていただきたいと思います。

わたしたちの祖先は、森羅万象をとり入れ紋章を創造し、悠久に生きる願い、子孫繁栄の願いを託し、家紋として子孫に伝えました。すなわち家紋には「家や血筋が絶えることなく続いて欲しい」という祖先の強い想いが込められており、いわば「祖先から伝わる悠久の命」ともいえるものでしょう。

家紋の起源は公家紋と武家紋とに大別され、公家の家紋の起源は平安時代にあり、御所車や調度品・衣服などに用いた自分好みの文様(複雑繊細・写実的な図様)が一族全体に及び、家紋として定着し、さらに武家紋の影響を受けながら発展し、子孫に受け継がれていきました。それらの文様の起源は奈良時代以前にあると思われます。

武家の家紋の起源は鎌倉時代初期にあり、敵味方を識別するために旗指物や陣幕などに用いた印(単純明瞭な図様)が次第に苗字の目印となり、家紋として定着、そして戦国の世となり、家紋は武家の隆盛とともに急速に発達し、戦場における自己顕示のため広く普及していきました。

室町時代後半から素襖(すおう)や大紋など、武士の衣服に家紋を付けるようになり(上絵による初期のものと思われる)公家紋の影響も受けながら形も整ってきました。

安土・桃山時代に入り武士の礼装である裃(かみしも)などに使用されるようになり、大きさも現在に近いものになりました。

江戸時代になると平和が続き、家紋は武家の家柄・格式を示す意義が付加され、元禄のころには歌舞伎役者や一部の裕福な商人なども家紋を使用するようになり、その美しさに磨きをかけ多様性を発揮するようになりました。そして家紋を描くことを「上絵」その技術者を「上絵師」と呼ぶようになり、生業として確立いたしました。

そして明治時代になってすべての人々が苗字と家紋を持つようになり、以後、大正・昭和・平成と、祖先の想いが込められた家紋は、現在まで脈々と受け継がれています。

トップページにもどる