紋章上絵技法(色入紋)


紋付の石持ち〔こくもち・丸く染め抜かれた部分・紋場〕の大きさに合わせ、家紋の下絵を描く
型紙を半分に折って小刀で紋型を彫りぬく
生地の色に合わせて染料を調合する
石持ちに紋型を貼り付け、刷毛で染料を刷り込む
ぶんまわし(竹製コンパス)で曲線を描く
定規、面相筆を使って直線を描く
細部を面相筆を使い、フリーハンドで描き入れる
染料の発色や定着をよくするため、
蒸気で蒸してできあがり(紋名・丸に木瓜)

前のページにもどる